うさこ式ジョジョMMDモデル利用規約 / モデル一覧

以下の利用規約は予告なく変更することがあり、最新のものが適用されます。
readmeが同梱されている場合でも、こちらの規約を優先してください。

Terms of use and a list of models [English]

 

====== うさこ式ジョジョモデル共通規約  ======

はじめに

荒木飛呂彦先生原作「ジョジョの奇妙な冒険」の二次創作ファンアートです。
公式とは一切関係がありません。
至らない点ばかりだと思いますが遊べたら遊んでみてください。

 

免責事項

モデルを使用した際に発生したいかなるトラブルも負いかねます。

 

利用規約

[禁止事項]

  • 公序良俗に反する行為
  • 原作者および著作権者に迷惑のかかる行為
  • 商用利用
  • 再配布
  • 原作を超えるレベルのエログロ同性愛表現
  • VRchatでの利用

 

[可能な行為]

  • 改造(造形、テクスチャ、物理演算、ウェイトなど)

 

[お願い]

  • 配布動画のコンテンツツリーの親作品登録(宜しくお願いします)

 

さいごに

規約に関して疑問点や不安な点がある場合こちらの記事にコメントしてください。
また、不具合や、こうしたらもっとよくなると思うよ!など
何かしらの方法で教えていただけるととても嬉しいです。
(当方の技量不足や個々人の好みによって反映できるとは限りませんが…)


モデル製作者:うさこ
twitter ID : @usausakokoko

 

規約更新履歴

2018/07/01 公開(2018/07/01現在、配布中のモデル同梱のreadmeと同じ内容)

2018/07/18 [禁止事項] に VRchatでの利用 を追加

 

 

.

======== うさこ式ジョジョモデル一覧  ========

4部

 

5部

 

うさこ式MMDモデル利用規約 / モデル一覧

以下の利用規約は予告なく変更することがあり、最新のものが適用されます。

 

====== オリジナルモデル共通規約  ======

はじめに

興味を持っていただいてありがとうございます。
至らない点ばかりだと思いますが遊べたら遊んでみてください。

 

免責事項

モデルを使用した際に発生したいかなるトラブルも負いかねます。

 

利用規約

[禁止事項]

 

[可能な行為]

  • 改造(造形、テクスチャ、物理演算、ウェイトなど)
  • 改造後の再配布

 

[お願い]

  • 配布動画または静画のコンテンツツリーの親作品登録(宜しくお願いします)

 

さいごに

規約に関して疑問点や不安な点がある場合こちらの記事にコメントしてください。


モデル製作者:うさこ
twitter ID : @usausakokoko

 

規約更新履歴

2018/09/17 公開

 

 

.

======== オリジナルモデル一覧  ========

blenderでMMDモデルを作ろう|第10回:左右非対称モーフ

pmxをblenderにインポートし、左右非対称モーフを作っていきます。

 

その前に、(最後にやってもいいのですが)pmxエディタで

  • 表示枠
  • モーフの表示パネル
  • ボーン順(闇鍋プラグイン
  • 腕や指ボーンのローカル軸設定

を整えておきます。

方法については様々なブログで解説されているため割愛します。

(表示枠の分け方などは好みでやればいいのかなと思います。)

f:id:usausakokoko:20180917081122p:plain

f:id:usausakokoko:20180917081131p:plain

 

 

では、blenderにインポートしていきます。

画面左側パネルのmmd_tools、Model: Importから物理演算の設定を終えたpmxファイルをインポートします。

f:id:usausakokoko:20180917081321p:plain

 

Remove Doublesにチェックを入れておくと重複頂点が削除されます。

f:id:usausakokoko:20180917081348p:plain

 

きちんとインポートされたようです。シーンにヘミライトを追加しました。

f:id:usausakokoko:20180917081423p:plain

 

顔の左右非対称モーフを作りたいのでまず顔の頂点を選択します。

どんなやり方でもいいのですが、マテリアルタブから顔のマテリアルを選択、Selectをポチ、で材質が割り当てられた面を選択することができます。

f:id:usausakokoko:20180917082222p:plain

 

Shift + H keyで顔以外を非表示にしました。

f:id:usausakokoko:20180917082434p:plain

 

B key (Box Select) などを使って顔の右側の頂点を選択し、face.Rという頂点グループを作成、Weight: 1でAssignします。

f:id:usausakokoko:20180917082532p:plain

 

次に顔の左側の頂点を選択するのですが、画面下のSelect -> Mirrorで、x軸反対側の頂点を選択することができます。

f:id:usausakokoko:20180917082708p:plain

 

face.Lという頂点グループを作成し、Weight: 1.0でAssignします。

f:id:usausakokoko:20180917082720p:plain

 

最後に中心の頂点を選択し、Weight: 0.5でface.Lとface.RにそれぞれAssignします。

f:id:usausakokoko:20180917082839p:plain

これで準備完了です。

 

眉の上L、上Rから作ってみます。

上のシェイプキーを1にした状態で+-の下の▼からNew Shape From Mixを二度ポチポチ。

f:id:usausakokoko:20180917083215p:plain

 

Blendのところに先ほど作ったface.Lの頂点グループを指定すると、顔の左側だけにシェイプキーが反映されます。これで上Lを作成できました。

f:id:usausakokoko:20180917083318p:plain

 

もう一つの新たなシェイプキーにはface.Rを指定し、上Rを作成します。

f:id:usausakokoko:20180917083502p:plain

 

このように、

  1. すでにあるシェイプキーをNew Shape From Mixで2つ複製
  2. それぞれのシェイプキーのBlendにface.L/face.Rを指定

で左右非対称モーフを量産していきます。

組み合わせていろんなモーフを作っても楽しいですよね。

f:id:usausakokoko:20180917084309p:plain

 

ウィンクなども同様に作りました。

f:id:usausakokoko:20180917085114p:plain

 

最後に、照れのシェイプキーと同様の手順で汗のシェイプキーも作ります。

f:id:usausakokoko:20180917090203p:plain

f:id:usausakokoko:20180917090221p:plain

f:id:usausakokoko:20180917090234p:plain

f:id:usausakokoko:20180917090244p:plain

 

好きなだけモーフを作ったら、エクスポートし、作ったモーフを表示枠に追加したり表示パネルを変更したりします。

f:id:usausakokoko:20180917091658p:plain

 

MMDでも動作を確認してみます。

モーション: まっさん、SZKさん (Lips Are Movin')

f:id:usausakokoko:20180917094020p:plain

 

 

これで、私がMMDモデルを作るときの工程はすべて終了です。

ここまで読んでいただいた方、いらっしゃいましたらありがとうございます、そしてお疲れ様でした!

 

目次に戻る

 

blenderでMMDモデルを作ろう|第9-2回:物理設定、剛体とジョイント

pmxにエクスポートして、ジョイントと剛体を設置していきます。

ジョイントと剛体についてはこちらのブログが大変参考になります。

【Tips】MMDモデルの物理演算設定 ~剛体編~:くぅ&みぃのブロマガ - ブロマガ

【Tips】MMDモデルの物理演算設定 ~ジョイント編~:くぅ&みぃのブロマガ - ブロマガ

 

pmxエディタでエクスポートしたファイルを開き、頭と横髪ボーンを選択し、

f:id:usausakokoko:20180917070356p:plain

 

PmxViewの編集 -> 選択ボーン -> 基礎剛体/連結Jointの作成を選択します。

f:id:usausakokoko:20180917070514p:plain

 

頭のジョイントは不要なので削除します(削除していないとMMDが落ちるらしいです)。

f:id:usausakokoko:20180917070528p:plain

 

頭の剛体をボーン追従、髪の剛体を物理+ボーン位置合わせにします。

(髪の剛体はボーン位置合わせにしていないと、激しい動きの時ににょーんとあらぬ方向に飛ぶ/伸びることがあります。)

f:id:usausakokoko:20180917070723p:plain

f:id:usausakokoko:20180917070813p:plain

 

また、髪のボーンがたくさんある場合はそれらが互いに衝突してぶるぶるしないよう、非衝突グループを指定しておいた方がいいです。

f:id:usausakokoko:20180917071106p:plain

 

PmxViewの左上のTボタンをポチ、TransformViewを開き、▷ボタンで再生してみます。

f:id:usausakokoko:20180917071219p:plain

 

あとは、再生しつつ頭や首のボーンを動かしながら剛体とジョイントのパラメータを調整していきます。

以下のように剛体とジョイントのパラメータを変更してみました。

f:id:usausakokoko:20180917071618p:plain

f:id:usausakokoko:20180917071625p:plain

f:id:usausakokoko:20180917071633p:plain

 

TransformViewで確認したところ、揺れ方はいいかなと思うですが、変形がやっぱり気に入りません。

f:id:usausakokoko:20180917071904p:plain

 

剛体とジョイントの情報をメモ帳へコピペしておき、

f:id:usausakokoko:20180917072115p:plain

 

blenderに戻り、Blurブラシを多用してもう少しウェイトを調整しました。

f:id:usausakokoko:20180917071952p:plain

 

再度エクスポートし、先ほどのメモ帳から剛体とジョイントの情報をコピペします。

TransformViewで確認したところ、変形は前よりはよくなりました。

f:id:usausakokoko:20180917072241p:plain

 

MMDでも確認してみます。

hinoさんの[A]ddictionモーションをお借りしました。

f:id:usausakokoko:20180917073142p:plain

 

 

 

髪がなかなかに板っぽいのと今更肩の変形がやだなとか思ってしまいましたが;、とりあえず次に進めようと思います。

最後は左右非対称モーフを作ります。

usausakokoko.hatenablog.com

 

目次に戻る

blenderでMMDモデルを作ろう|第9-1回:物理設定、ウェイト

次は髪や服などを揺らすための物理演算の設定をしていきます。

私は、ボーンの設置やウェイトをblenderでやったあと、pmxエディタでジョイントと剛体を設置しています。

 

また、

  • ピアスやジッパー(かたい): 編集モードで頂点グループの指定
  • 髪やネクタイ(柔らかい): 自動ウェイトもしくは手動ウェイトペイント 
  • 裾やスカート(柔らかい、横に広がる): 曲面自動設定プラグイン(pmxエディタ)

のように使い分けています。

 

曲面自動設定プラグインについては配布動画マニュアルが参考になるかと思います。

 

 

今回は単純な例として、おかっぱの横髪をやっていきます。

ちなみに、髪のオブジェクトはミラー、厚み付け、サブサーフの3つのモディファイアを利用しています。

f:id:usausakokoko:20180917055435p:plain

モディファイアがオフの状態だととても単純なメッシュになっています。

f:id:usausakokoko:20180917061117p:plain

 

まずはボーンを設置します。

揺れの基点となりそうな場所に3Dカーソルを設置し、アーマチュアの編集モードでShift + A keyでボーンを作成します。

f:id:usausakokoko:20180917054830p:plain

 

ボーンの先端(チップ)を選択し、適当な場所へG keyで移動させます。

f:id:usausakokoko:20180917055008p:plain

 

blender内でのボーン名を横髪.L、エクスポート用のボーン名をMMD Bone Toolsで左横髪にリネームしました。

f:id:usausakokoko:20180917055024p:plain

 

そのボーンを選択した状態で、W key -> Symmetrizeで、横髪.Rのボーンを作成します。

f:id:usausakokoko:20180917055207p:plain

 

横髪、頭ボーンの順でShift選択し、Ctrl + P key -> Keep Offsetで、横髪ボーンを頭ボーンの子にします。

f:id:usausakokoko:20180917061607p:plain

 

髪のオブジェクトを選択した状態でウェイトペイントモードに入り、横髪.Lボーンを選択し、ウェイトを塗っていきます。

f:id:usausakokoko:20180917055555p:plain

 

Drawブラシを選択、Strength: 1とし、Weight Gradientをポチ、ウェイトを強くしたい部分からカーソルをドラッグし、グラディエントウェイトを塗りました。

f:id:usausakokoko:20180917060136p:plain

 

次は頭ボーンを選択し、Subtractブラシを選択、Strength: 1とし、Weight Gradientをポチ、ウェイトを弱くしたい部分からカーソルをドラッグしました。

f:id:usausakokoko:20180917060330p:plain

 

横髪.Lボーンを回転させてみて、BlurブラシとSubstractブラシで若干調整しました。

f:id:usausakokoko:20180917060603p:plain

 

今、横髪.Lボーンを動かすと右側の髪も一緒に動いてしまっている状態です。

f:id:usausakokoko:20180917061209p:plain

 

頂点グループのところで、横髪.Rという頂点グループを作ると、自動的に横髪.Lをミラーしたウェイトがわりふられます。

f:id:usausakokoko:20180917061419p:plain

 

例えば、髪の房がたくさんある場合でも面マスクモードを使用し、同じようにウェイトグラディエントでウェイトを塗ることができます。

f:id:usausakokoko:20180917062350p:plain f:id:usausakokoko:20180917062401p:plain

 

また、今回は使用しませんが、曲面自動設定プラグインを使用する際は、プラグイン使用時に選択する予定の頂点には何の頂点グループも割り当てられていない状態にしておかないと、プラグインがうまくいかないことが多いです(私だけかもしれませんが)。

f:id:usausakokoko:20180917063016p:plain

 

 

髪の変形が満足いく形になればとりあえずのウェイトの準備完了なので、次はpmxにエクスポートしてジョイントと剛体を設置してみます。

usausakokoko.hatenablog.com

 

目次に戻る

blenderでMMDモデルを作ろう|第8回:エクスポート

blenderでMMDモデルを作ろう|第2-?回:ウェイト(エクスポートしてみる?) - うさこのブログ

上記事とかぶる部分も多くなると思いますが、pmxへのエクスポートの手順をまとめます。

 

  • Vertex Mix Modifierを使用している場合は適用しておく
  • 不要な頂点グループを削除した後、Weight ToolsのLimit Total: 4にしておく
  • エンプティ -> アーマチュア -> メッシュという親子関係を作っておく

これらの手順は上記事のほうが詳しく書いています。

一つ目と二つ目はやってなくても大丈夫なこともあるので、一度エクスポートしてみてウェイトがおかしかったらblenderに戻って一つ目と二つ目を試すというのもありだと思います。

 

最後のエンプティですが、Shift + A keyから生成する通常のエンプティではだめで、エクスポートのためのエンプティはmmd_toolsのCreate New Modelから作ることができます。

例えばblender内で全く新しいアーマチュアを作ってそれをpmxにエクスポートしたい場合は、

  • Create New Modelをポチ(エンプティとアーマチュア(全ての親ボーン)が生成される。)

    f:id:usausakokoko:20180913081407p:plain

  • エクスポートしたいアーマチュア -> 先ほど生成されたエンプティの順でShift選択し、Ctrl + P key -> Object (Keep Transform)で親子関係を作る

    f:id:usausakokoko:20180913081543p:plain

  •  Create New Modelで生成された方のアーマチュアを削除

    f:id:usausakokoko:20180913081616p:plain

この状態でエンプティを選択しエクスポートすると所望のアーマチュアがエクスポートできます。

f:id:usausakokoko:20180913081848p:plain

 

 

また、pmxエディタやMMDで表示されるモデル名やコメントもblender内で設定できます。

f:id:usausakokoko:20180913082612p:plain

 

エンプティを選択した状態でオブジェクトタブを一番下までスクロールするとMMD Model Informationがあり、そこで指定できます。

適当な名前を付けました。

f:id:usausakokoko:20180913082838p:plain

 

コメントは、テキストエディタを開きブラウズボタンから[モデル名]_commentを選択すると編集できます。

デフォルトでは exported by mmd_tools となっており、今回はこのままでいきます。

f:id:usausakokoko:20180913083109p:plain

 

画面左側のパネル、mmd_toolsで、ボーンやモーフの表示枠もblender内で設定できるようになっています。

これに関してはpmxエディタのほうが楽だと思うので、私はblender内ではあまりやりません。

f:id:usausakokoko:20180913084705p:plain

 

また、mmd_toolsでエクスポートされる際、モディファイアは今見えている状態が適用されるようです。

例えば、サブサーフの場合Viewが2、Renderが1になっていると、2の状態でモディファイアが適用されるみたいです。

f:id:usausakokoko:20180913083949p:plain

 

ちなみに、blender内でどんなポーズをしていても、どれだけモーフがオンになっていてもエクスポート時には反映されません。

 

 

では、エンプティを選択した状態で画面左側パネルのmmd_tools、Model: Exportでエクスポートしてみます。

f:id:usausakokoko:20180913083645p:plain

 

Copy Texturesに✔が入っていると新たにtexというテクスチャ用のフォルダが生成されます。

(既に作ってあるのでオフにしました。)

Visible Meshes Onlyに✔が入っていると、3Dビューポート上で非表示になっているオブジェクトはエクスポートされません。

(今回特にそういったオブジェクトはありませんがなんとなく✔してみました。)

f:id:usausakokoko:20180913084133p:plain

 

エクスポートしたものをpmxエディタで開いてみると、きちんとエクスポートされているようです。

f:id:usausakokoko:20180913084934p:plain

 

ファイル -> pmxデータの検証からデータを確認したところ、表示枠以外は問題なさそうです。

f:id:usausakokoko:20180913091855p:plain

 

MMDでも読み込んで躍らせてみます。

hinoさんの[A]ddictionモーションをお借りしました。

f:id:usausakokoko:20180913090840p:plain

 

エフェクトも使ってみます。

東郷 枢さんのTPOShader、966さんのAlbino_Toonをお借りしました。

f:id:usausakokoko:20180913090945p:plain  f:id:usausakokoko:20180913091053p:plain

 

(まばたきの時、二重ラインのところがギザギザしていたので「さっき諦めたテクスチャのあのギザギザかー!」と思って、blenderに戻ってギザギザを再度Smearブラシできれいに整えてみましたが、変わりませんでした。)

f:id:usausakokoko:20180913091427p:plain

f:id:usausakokoko:20180913091926p:plain f:id:usausakokoko:20180913091936p:plain

 

また、曇@のあきさんのGirlsモーションを流し込んだところ、ひじに破綻が見つかりました。

blenderに戻ってweightのlimit total:4にすると、10 vertex weight limitedのメッセージが。

再度MMDに読み込んで確認したところ、ひじの破綻はなくなりました。

(そういえば、エクスポート直前にひじのループカットを増やしていました。)

f:id:usausakokoko:20180913092911p:plain

 

 

他は特に大きな問題はなさそうなので、ひとしきり躍らせた後blenderにもどり、今度は物理演算のための準備をしていきます。

usausakokoko.hatenablog.com

 

目次に戻る

 

blenderでMMDモデルを作ろう|第7回:材質分け

次は材質分けをしていきます。

 

モデルを配布し始めのころ、材質分けの重要性やなんのためになん十個もの材質に分けてるのかわからず、必要最低限しか材質をわけてませんでした。

MMDでエフェクトを使う際に、材質が細かく分けられていた方が便利だそうです。

あとは改造のときとか。

モデルを配布せず自分だけが使うということであれば自分の必要な分だけ材質をわけ、配布する予定の場合はある程度は細かく分けておいた方がいいみたいです。

 

まず顔からやっていきます。

前記事で作った顔.001というマテリアルは顔_透過に変更しておきました。

顔のオブジェクトを選択後、+ボタンをポチ -> マテリアルマークのブラウズボタンから顔を選択、を繰り返し、顔のマテリアルを必要そうな数だけ増やします。

f:id:usausakokoko:20180913065426p:plain

 

Fマークのとなりにある数値をポチ、顔のマテリアルを複製しました。

f:id:usausakokoko:20180913065520p:plain

 

適当に名前を変更しました。

f:id:usausakokoko:20180913065601p:plain

 

△▽ボタンで順番を変え、透過が一番下にくるようにしました。

編集モードに入ってL keyでパーツを選択し、所望のマテリアルにAssignします。

f:id:usausakokoko:20180913065624p:plain

 

私は、AssignしたらH keyで非表示にし、どんどん見える部分を減らしながらマテリアルを徐々にAssignしていきます。

f:id:usausakokoko:20180913065753p:plain

 

適宜上記と同様の方法でマテリアルを増やします。

f:id:usausakokoko:20180913065909p:plain

マテリアルを選択した状態でSelectを押すと、割り当てられた面を確認することができます。

 

分け終わりました。

mmd_toolsでエクスポートされるときは、基本的にこの材質の順番になります。

(異なるオブジェクトで同じマテリアルを使っていたりするとまた変わってきます。)

f:id:usausakokoko:20180913070232p:plain

 

mmd_toolsではblender内で、拡散色や反射色などpmxエディタと同様に材質の設定ができます。

pmxエディタだとshift選択で一気に複数の材質の拡散色を変更したりできますが、blender内ではできません(たぶん)。

blenderで各材質の設定をするのは少しめんどうですが、このあとエクスポートし材質設定を変更、MMDで確認 -> blenderに戻って作業-> 再度エクスポートし材質設定を変更 ->...を繰り返すのもめんどうです。

材質分け後の材質設定はblenderでやってもpmxエディタでやってもどっちでもいいと思います。

私はblenderでやります。

 

マテリアルタブを一番下までスクロールすると、MMD MaterialとMMD Textureというのがあり、そこで材質やテクスチャの設定をすることができます。

(pmxエディタとだいたい位置関係も同じなので英語は雰囲気でわかるんじゃないでしょうか...。)

スフィアやtoonのテクスチャはAddボタンからテクスチャを選択できます。

スフィアの加算、乗算などの指定はSphere Map Typeというところから選択できます。

f:id:usausakokoko:20180913070908p:plain

 

(Toonはいつも自前のものを使っていたので初めてやってみたのですが)

MMDと同梱のtoonテクスチャを使用する場合、まずUser Preferencesでtoonのあるフォルダを指定する必要があります。

User PreferencesのAdd-onsタブ、Objectのところからmmd_toolsを開き、Shared Toon Texture Folderのところで MMD\MikuMikuDance_[version]\Data を指定します。

f:id:usausakokoko:20180913072505p:plain

 

そして先ほどのMMD TextureでUse Shared Toon Textureに✔。

右の数値を変更するとToonの種類が選べます。

  • 数値0: toon01.bmp
  • 数値1: toon02.bmp
  • 数値2: toon03.bmp
  • ...

となっているようです。

f:id:usausakokoko:20180913072737p:plain

 

初めてMMDと同梱のToonを指定してみたところ、blenderでの表示はなかなか怖いことに。

f:id:usausakokoko:20180913073729p:plain

一度エクスポートして確認してみましたが、MMDではきちんと普通の影の表示になりました。

 

自前のtoonテクスチャに戻し、すべてのマテリアル(材質)の設定が終わりました。

f:id:usausakokoko:20180913074207p:plain

 

同様のことをすべてのオブジェクト/マテリアルで繰り返します。

全部で19の材質に分け終えました。

f:id:usausakokoko:20180913075404p:plain

 

次はエクスポートします。

usausakokoko.hatenablog.com

 

目次に戻る

 

blenderでMMDモデルを作ろう|第6-2回:目、眉、照れ

次は目のモーフ、まずはまばたきをつくっていきます。

 

私はまつげにかなりの厚みをつけるんですが、皆さんどうしてるんでしょう...(勉強不足)。

太いメインの線(以下、いもむしと書きます)には厚みがあり、まつげ一本一本はそれとつながっていない厚みゼロの板でつくっています。

 

まばたきは、下まつげはあまり動かさず、上まつげを下まつげにそわせるような形に変形させていきます。

とりあえず真ん中をぐいっとさげ、その両脇を下げ...という感じで上いもむしを下げていきます。

f:id:usausakokoko:20180912221725p:plain

 

上いもむしを下げ終わったので、今度は上まぶたのほうをさげていきます。

二重ラインのあたりはあまり動かさないようにしています。

f:id:usausakokoko:20180912222221p:plain

 

目がとびでているので目の中心周りの面を選択し、Propotional EditingをEnableにした状態で前に引っ張ります。

f:id:usausakokoko:20180912222740p:plain

 

したから見たときに隙間があいているので下いもむしを少し前に出します。

f:id:usausakokoko:20180912222438p:plain

f:id:usausakokoko:20180912222516p:plain

 

二重ラインが少しうまっていたので引っ張り出しました。

テクスチャがにじんでいますがもはや気にしないふりです。

f:id:usausakokoko:20180912222536p:plain

 

オブジェクトモードでシェイプキーの値をスライドさせ変形を確認すると、右目のハイライトが飛び出していました。

f:id:usausakokoko:20180912222630p:plain

 

なのでもう一度瞳周りの面を選択し、Proportional EditingをEnableにした状態で前に引っ張ります。

オブジェクトモードでシェイプキーの値をスライドさせ、目を開いたり閉じたり、いろんな方向から変形を確認します。

f:id:usausakokoko:20180912223008p:plain

 

この状態が満足いくまで調整し、気に入ったら最後にまつげ一本一本を移動させます。

まず上いもむしの位置まで下げ、

f:id:usausakokoko:20180912223715p:plain

 

ちょっと下向きになるように回転させます。

f:id:usausakokoko:20180912223739p:plain

 

すべての上まつげを下げ終わりました。

f:id:usausakokoko:20180912224517p:plain

 

テクスチャのにじみがちょっとやばいレベルなので、テクスチャペイントモードに入り、ベイクで作った顔のテクスチャをSmearブラシで下から上にぼかしました。

UV Image Editorの方で画像の保存を忘れずに!

(上の方のギザギザはあきらめました。)

f:id:usausakokoko:20180912224458p:plain

 

とりあえずまばたきがでました。

f:id:usausakokoko:20180912224916p:plain

 

次は「笑い」(目)をつくっていきます。

笑いは何度つくっても慣れません。

まずは上いもむしを少しずつ下げ、笑い目っぽい形にします。

f:id:usausakokoko:20180912225846p:plain

 

今度は下いもむしを上いもむしに沿う形になるように少しずつ上げていきます。

f:id:usausakokoko:20180912230359p:plain

 

上げ終わりました。これを遠目から目を細めてみて、笑ってるっぽいかな?となったら上まぶたと下まぶたもいもむしに沿うような形に調整していきます。

f:id:usausakokoko:20180912230521p:plain

 

上まぶたと下まぶたを下げ/上げ終わりました。ちょっと狐目っぽいです。

(一本一本のまつげが邪魔だったのでH keyで非表示にしました。)

f:id:usausakokoko:20180912231937p:plain

 

目じりあたりの面を選択し、Proportional EditingをEnableにした状態で少し下に下げました。

f:id:usausakokoko:20180912232020p:plain

 

まばたきと同様にオブジェクトモードでシェイプキーの値をスライドさせ、目を開いたり閉じたり、いろんな方向から変形を確認し、満足したらまつげ一本一本も上下に移動させます。

f:id:usausakokoko:20180912234550p:plain

 

全体的に位置が高いかなーと思ったので、上いもむしと下いもむし、二重ラインを選択し、Proportional EditingをEnableにした状態で少し下に下げました。

f:id:usausakokoko:20180912234644p:plain

 

最終的に、笑いはこんな感じになりました。

(気に入らなかったら何度でも作り直せばいいんだ!)

f:id:usausakokoko:20180912234802p:plain

 

 

こっからどんどん適当になります。

基本、Proportional EditingをEnableにした状態です。

笑いシェイプキーをNew Shape From Mixで複製し、目頭と目じりをあげて「なごみ」。

f:id:usausakokoko:20180912235842p:plain

 

まばたきシェイプキーの値を0.5くらいでNew Shape From Mixで複製し、「じと目」。

f:id:usausakokoko:20180912235928p:plain

 

丸で囲んだあたりを少し上にあげ、「下瞼上げ」。

f:id:usausakokoko:20180913000004p:plain

 

まるで囲んだあたりを上げ/下げ、「見開き」。

f:id:usausakokoko:20180913000106p:plain

 

こんな感じで目のシェイプキーを量産します。

 

眉もほんとに同じようなやり方です。

今度はProportional EditingをConnectedにした状態にし、丸で囲んだあたりを下げ、「真面目」。

f:id:usausakokoko:20180913000513p:plain

ってな感じです。

 

その他のシェイプキーも同じように作っていきます。

たぶんちゃんとしてる人は顔の筋肉はこうだからこう動くはずで..とか考えてやってるんだろうなぁ...とぼんやり考えながら、私がいつも作るその他のシェイプキーも作り終えました。

f:id:usausakokoko:20180913033154p:plain

 

最後に透過材質を使った照れを作ります。

Basisを選択した状態で編集モードに入り、ピボットポイントを3Dカーソルに、3Dカーソルを頭の中心あたりに配置します。

ほっぺを赤くしたいあたりの面を選択し、

f:id:usausakokoko:20180913033346p:plain

 

Shift + D keyで複製します。

f:id:usausakokoko:20180913033509p:plain

 

すぐさまS key -> 0.5で二分の一に縮小。

Basisでこうすることで、その他のあいうえおなどのモーフのときもこれらの面はこの位置をキープしてくれます。

f:id:usausakokoko:20180913033546p:plain

 

オブジェクトモードで新たに照れというシェイプキーを作成し、編集モードに入り、先ほどと同じ位置に3Dカーソルがある状態でS key -> 2で二倍にし、もとのほほの位置に戻します。

f:id:usausakokoko:20180913033802p:plain

 

Alt  + S keyで法線方向に少し拡大し、もとのほほから少しだけ浮かせます。

f:id:usausakokoko:20180913033817p:plain

 

これらの面を選択したまま、UV Image Editorで空いている部分に移動させます。

f:id:usausakokoko:20180913033854p:plain

 

次は材質の設定をしていきます。+ボタンからマテリアルのスロットを追加し、顔のマテリアルを選択します。Fボタンのとなりの数字をポチ、顔.001という現状顔と同じ状態のマテリアルが生成されます。

これに、編集モードで先ほどの面をAssignしておきます。

f:id:usausakokoko:20180913033938p:plain

 

顔.001を選んだ状態でテクスチャタブを下にスクロールし、アルファのところに✔。

f:id:usausakokoko:20180913034120p:plain

 

次はマテリアルタブを下にスクロールし、Transparencyに✔。

アルファを0にします。

f:id:usausakokoko:20180913034155p:plain

 

この状態でUV Image Editorをペイントモードに切り替え、顔のテクスチャの空いている空間をTexDrawブラシののErase Alphaモードで透明にします。

f:id:usausakokoko:20180913034330p:plain

 

これで先ほどの面が透明になったと思います。

テクスチャペイントモードに入って塗っていこうと思います。

!!私だけかもしれませんが、なぜかこの工程でオブジェクトモードからテクスチャペイントモードに切り替える瞬間blenderが落ちることが多いです。

モードを切り替える前にファイルを保存したほうがいいかもしれません。!!

 

下は面マスクモードにしている状態なんですがなんとなく見えづらいです。

f:id:usausakokoko:20180913034402p:plain

 

そこでシェイプキーのMaxの値を一時的に1を超える値に設定し、照れシェイプキー1.1くらいの状態にします。

f:id:usausakokoko:20180913034816p:plain

 

これで面がさらに外に飛び出したと思うのでこの状態で塗っていきます。

f:id:usausakokoko:20180913034845p:plain

 

最終的にこんな感じで落ち着きました。

何度でも言いますがUV Image Editorでの画像の保存を忘れずに!

f:id:usausakokoko:20180913034910p:plain

 

 

これで一通りの左右対称モーフを作り終えました。

次は材質分けをやっていきますー。

usausakokoko.hatenablog.com

 

目次に戻る